So-net無料ブログ作成
検索選択

新改駅 2015.6.28 [鉄道]

笹ヶ峰下山後、そのまま帰るのも面白くないので、新改駅に寄ってみる事にしました。

ここは四国に2つあるスイッチバック駅の1つです。

国道32号線の根曳峠を若宮温泉方面に入ります。

新改駅の標識に従って走ります。

だんだん民家もなくなって、どこかの登山口へ向かっている感じ。
resize1784.jpg

最後のカーブを曲がると、見えて来ました新改駅。
resize1779.jpg

香川ナンバーの車が来ています。

駅舎。
resize1772.jpg

駅前通は行き止まりです。
resize1773.jpg

駅舎を背に西側の風景。
resize1785.jpg

入ってみましょう。
resize1774.jpg

お約束の駅ノート。
resize1780.jpg

ホームに出てみます。
resize1775.jpg

お隣の駅は土佐山田と繁藤です。
resize1776.jpg

北側の線路は数十メートル先で終わっています。
resize1778.jpg

この位置では通過列車は見られません。
坪尻駅のように通過列車を見るのには、ホームの南端まで歩く必要があります。
resize1777.jpg

坪尻駅の記事はこちら



阿波池田行きのワンマン列車がやって来ました。
resize1781.jpg

鉄道マニアっぽい男性が1人下車しました。

運転手さんは反対側に移動します。

合図を済ませ、出発進行です。
resize1782.jpg

本線に戻ると運転手さんがまた移動です。

私と鉄道マニア2人が見守る中、ゆっくりと行ってしまいました。
resize1783.jpg

初めての新改駅でしたが、思っていたより山奥でした。
近くに人の住んでいるような民家はなく、乗り降りする人のほとんどが鉄道マニアだと思われます。

秘境ランキング16位の名にふさわしい駅でした。


讃岐財田駅 2015.5.15 [鉄道]

のんびりした田舎町、香川県三豊市財田町。

土地勘がなければ、どの辺りか分からないところだと思います。
古いところでは財田川事件で有名になった場所でもあります。

この町にある讃岐財田駅近くで蛍が見られるとの情報で、ちょっとロケハンに寄ってみました。

国道32号線から讃岐財田駅の方に入ってすぐに小川があったので、多分そこが蛍のポイントじゃないかと思います。
なかなかタイミングよくここに来るのは難しいかとは思いますが、また仕事帰りに寄ってみたいと思います。

せっかくなので讃岐財田駅まで行ってみましょう。

resize1605.jpg
PENTAX K-50 + TAMRON A16>

タブの巨木が迎えてくれます。
駅の周りは閑散としていて、1日の利用客は50人以下の無人駅です。

駅舎に入ってみます。
resize1604.jpg

昭和の匂いがします。
ローカル線ってなんだか落ち着きます。

ホームに入ると阿波池田行の単行列車が出発して行きました。
resize1600.jpg

映画のワンシーンのようです。
resize1601.jpg

ここの地名は「さいた」と読みますが、駅名は「さいだ」と読むそうです。

のどかですねえ。
resize1602.jpg

向こう側のホームから駅舎を撮影

resize1603.jpg

先ほどの列車は今頃、「秘境・坪尻駅」あたりに停車中かもしれません。


夜の大歩危駅 2014.12.3 [鉄道]

resize0897.jpg

土讃線の上り線。
土佐山田駅を過ぎると寂しい無人駅が続く。

夏場の夜なら寂しいであろう大歩危駅も、冬の宵は田舎のオアシスのようである。

resize0896.jpg

駅には大歩危始発の阿波池田行きの普通列車が待機している。
大歩危が始発の列車がある事も初めて知った。
resize0898.jpg

車を停め歩いてみると昭和の観光地のようである。
歩危マートさん前には買い物に来た車が次々と停まる。
resize0899.jpg

この近辺だけでなく、奧祖谷地区も商圏なのでしょう。

歩危マートさんの祖谷豆腐や祖谷コンニャクは美味しいらしく、阿波池田からわざわざ買いに来る人もいるらしい。

駅前には迎えを待っているのか、寒い中ベンチに男性が1人だけ。
resize0900.jpg

酒屋さんも営業中。
resize0901.jpg

地方の小さな商店が減って行く中、こういう光景を見るとホッとする。

12月の寒い日であったが、心は温かくなれたような気がする。

田井ノ浜~由岐~木岐 2013.5.25 [鉄道]

仕事が終わりました。

週末の仕事が終わると、何とも言えない開放感です。
ドドっと疲れも出るのですが、今週も頑張ったという満足感が、疲れを和らげてくれます。

今日は徳島県海部郡美波町由岐へ行ってみましょう。

日和佐道路が出来てから、「由岐」と言うインターチェンジが妙に気になっていたのです。
このあたりで有名なのは田井ノ浜海水浴場です。

車を停めて歩いてみましょう。

木に隠れて、妙な看板が。
resize1188.jpg
PENTAX K-r + DA18-250mm>

カニに注意?。
アカテガニが産卵のために道路を横断するのだそうで、保護のための標識みたいです。

浜辺を通って駅です。
resize1189.jpg

のどかだなあ。
resize1190.jpg

ゆき←たいのはま→きき
resize1191.jpg

こういうのを見ると行ってみたくなります。

まずは由岐へ。
resize1192.jpg

何も書いていない駅舎です。

resize1195.jpg

徳島行きワンマン列車が来ました。
resize1194.jpg

次の駅は木岐になっていますねえ?。
resize1193.jpg

では木岐へ。
resize1196.jpg

日和佐道路が見えます。
resize1197.jpg

隣の駅は由岐ですねえ。あれ?。
resize1198.jpg

調べてみたら、田井ノ浜駅は海水浴客のための臨時駅で、夏場しか停まらないみたいです。
謎が解けました。

暇な時期になったら、ローカル線で旅に出てみたいですね。

坪尻駅 2013.4.21 [鉄道]

四国の秘境駅と言えば断トツで坪尻駅でしょう。

鉄道マニアではないのですが、6年程前に一度行きました。
いつかはブログで紹介しようと思っていましたが、仕事のついでに寄れるような駅じゃないんですf^_^;。

その話をしたら「行きたい~」。
そんな返事をするのは土佐龍馬さんくらいのものです(笑)。

今やこの駅を利用するのは鉄道マニアのみと言っても過言ではないかもしれません。
昨年はこの駅でクリスマスコンサートが行われたそうで、駅までの道も少しは手入れされている事を期待してます。

嶺北回りで大豊へ。
しかし、今日は寒すぎ。一人なら途中で引き返していたと思います(^_^;)。

阿波池田から32号線を高松方面に走ります。
10分も走れば「坪尻駅」の案内板があります。
resize1086.jpg

レストラン跡の駐車場にバイクを停めます。

坪尻駅までのルートは4つあるらしいのですが、案内板があるココがメインの道です。
東側なので東口と命名します(^_^)☆。

案内板はあるものの、初めての人はどこが入口か分からないと思います。

お教えしましょう。ガードレールが切れたココが入口です。
世界一利用客の多い新宿駅に例えると、東口、スタジオアルタの前の階段を降りて行くと思って下さい(笑)。
resize1068.jpg

歩き始めてすぐに「整備されたな」と思いました(これで)。
resize1069.jpg

測量の為か、ピンクテープや杭が打たれていました。
resize1070.jpg

冷蔵庫の不法投棄。
resize1085.jpg

草も刈ってます。
通りやすいのは良い事なのですが、秘境度が下がるような気もして複雑です(笑)。
resize1071.jpg

6年前は藪こぎでした↓コチラ。道を間違えたと思った。
resize1067.jpg

竹やぶをクリアして。
resize1072.jpg

カーブを曲がって。
resize1073.jpg

谷の音が聞こえて来ました。
resize1074.jpg

線路前の廃墟。
ここは昔雑貨店だったそうで、50年前に凶悪な殺人犯に強盗に入られたとか。
resize1076.jpg

ここを過ぎれば駅前です。
resize1075.jpg

国道から15分程で着きました。
resize1077.jpg

特急が通り過ぎます。
resize1078.jpg

坪尻駅です。
resize1081.jpg

先客が2人。
兵庫の方と千葉の方。
鉄道マニアは全国各地から集まります。
resize1080.jpg

寄せ書きノート。
resize1079.jpg

駅前の雑草も前回とは違ってきれいに刈られています。
こちらにも出口(道)があるようです。
resize1082.jpg

タイミング良く下り列車が来ました。
一旦副線に入って、運転手さんが反対側運転席に移動し、ホームに入って来ます。
いわゆるスイッチバックです。
resize1083.jpg

先ほどのお二人はこの汽車で帰ります。
resize1084.jpg

我々も帰りましょう。
今日はメチャメチャ寒かった。真冬並でした(>_<)。

帰って早くお風呂に入ろう!。

土佐北川駅 2012.2.15 [鉄道]

鉄道マニアではないのですが、乗り物としては、飛行機、船、バス等よりも好きです。特にローカル線が好きですね。でも、乗る機会がなかなかありません。

四国にも鉄道マニアがやって来ます。
5年程前に行ってた坪尻駅では、はるばる長野県から来られた方とお話しました。坪尻駅についてはまたレポートしたいと思ってます。

さて、今日紹介するのは、鉄橋の上に駅がある「土佐北川駅」です。

resize0062.jpg

駅前食堂のところに階段があります。ここを登ります。
高圧エスプレッソコーヒーでもいただきたかったのですが、お休み(廃業?)でした。

resize0064.jpg

ゲー、どこが入口なんだろう。長い道のりを歩きます。

resize0065.jpg

少し下って入口です。
なあんだ、南口からだと近かったですね。

resize0066.jpg

待合室があります。

resize0067.jpg

ホームに行くと、ちょうど回送列車が。

resize0068.jpg

田舎の中の近代的ホームとでも言いますか、変な感じの駅です。下を見れば吉野川です。

resize0069.jpg

無人駅の哀愁が漂いますね。

resize0071.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。