So-net無料ブログ作成

韓国岳(宮崎県・鹿児島県)登山 2015.7.30 [登山]

テントに落ちる雨音で目が覚めました。

外に出たら真っ白。
今日は晴れ予報では?。

管理人さんに聞いたら「大丈夫」との事なので、ボチボチ準備する事にしました。

7時を過ぎる頃、段々霧が晴れて来ました。

大浪池登山口からの予定でしたが、当日の思いつきで近くの登山口に変更して登山開始です。

7:40登山開始です。
resize1934.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

整備された道を歩きます。
resize1935.jpg

国道と隣り合わせの登山道。
resize1936.jpg

8:00、韓国岳登山口と合流しました。
resize1941.jpg

硫黄山です。
resize1937.jpg

いい感じです。
ちょっと寄り道してみます。
硫黄の臭いがプンプンです。
resize1938.jpg

元に帰り、韓国岳コースを登ります。
resize1939.jpg

最高の天気となりましたが、気温も最高。
今日の予報では最高気温は34℃です(^◇^;)。
resize1940.jpg

一合目。
宮崎市内の方にシャッターを押してもらいました。
resize1942.jpg

二合目。
木立の中なので、涼しくていいです。

素晴らしい雲海です。
s-2015_0730_083324AA.jpg

三合目を過ぎたあたりから視界が開けて来ます。

上からの硫黄山です。
resize1943.jpg

五合目。
ちょっと休憩です。
resize1945.jpg

出発です。
resize1944.jpg

北側に不動池が見えます。
resize1946.jpg

7合目。
resize1947.jpg

この辺りから右手に大浪池が見えるようになります。
resize1948.jpg

九合目。
resize1949.jpg

見下ろせば韓国岳爆裂火口が見えます。
resize1950.jpg

いよいよ頂上です。
resize1951.jpg

9:40、韓国岳(1700m)頂上です。
resize1952.jpg

大パノラマです。
resize1953.jpg

新燃岳・高千穂峰方面。
火山フロントも見えます。
s-2015_0730_094250AA.jpg

ナイフリッジがありますが、当然遠慮しておきますf^_^;。
resize1954.jpg

景色の良いところで、おにぎり1個目。
s-2015_0730_095512AA.jpg

では大浪池目指します。
階段を降りて行きます。
resize1955.jpg

一気に下りますが、ほとんど階段です。
ここを登りに使わなくて良かったです。
resize1956.jpg

大浪池まで降りて来ました。
resize1957.jpg

神奈川県から来られた方とお喋りしましたが、おととい祖母山に登ったものの、ガスで視界なしだったとの事。
昨日も昼過ぎまではガスってたらしいので、天気に恵まれてラッキーでした。

ここから東回り(時計回り)で大浪池を回ります。

10:40、避難小屋に着きました。
resize1958.jpg

池を見ながらのイメージでしたが、木立の中の登山道です。
resize1960.jpg
<FUJIFILM X-T10 + DA12-24mm>

ところどころ展望出来る場所があります。
三嶺の池とは比較にならない大きさ。
resize1959.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

休憩所でおにぎり2個目を食べました。
resize1961.jpg

休憩所からの展望。
resize1962.jpg
<FUJIFILM X-T10 + DA12-24mm>

左側が開けて来ました。
resize1963.jpg

間もなく大浪池登山口との分岐。
いい感じです。
resize1964.jpg

12:00、分岐に着きました。
resize1965.jpg

韓国岳をバックに大浪池。
s-2015_0730_120432AB.jpg

この景色を見に来たんですよ。
高知からスーパーカブでo(^▽^)o。

それにしても暑い;^_^A。
1リットルちょっとしか飲み物を持って来なかったので、ちょっと失敗でした。

写真撮影して、残り半周を歩きます。
resize1966.jpg

こちらは北側が開けています。
resize1967.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

1:00一周しました。
resize1968.jpg

ここから元の道を帰るのはしんどいので、えびの高原に抜ける道を使う事にしました。

普通の登山道です。
何も見る物はありませんが、今日は暑いのでこういう道が助かります。

鹿児島まで来た達成感(笑)。
resize1969.jpg

2:05、国道に出ました。
resize1970.jpg

鹿に餌を与えないで下さい。
resize1971.jpg

暑かったですが、天気で良かった。

ここまで来てガスってたらショックですからねえ。

初めての九州遠征登山でした。
2座登りたいと思っていましたが、現地へ到着するまでに1日半くらいかかるので、ちょっと計画が甘かった感じです。

次回はゆとりを持ったプランで計画したいと思います。

resize1973.jpg

九州ツーリング◆二日目 2015.7.29 [スーパーカブ]

キャンプ場の朝は霧がかかっています。
かぼちゃスープを飲んで、出発に備えます。
resize1925.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

今日は来てみたかった高千穂峡からスタート。
昨日怖かった道も、明るい時間だと普通の山道です。

高千穂峡に到着。
resize1924.jpg

おお、やっぱり素晴らしい!(*^_^*)。
s-2015_0728_180738AA.jpg

もはや駐車場は満車。
カブ号ならそんな心配はなく、公園のバイク置き場へ。
resize1926.jpg

今回カブ号の荷物です。
resize1923.jpg

前の旅キャリアにテント。
中の弁当キャリアには予備燃料。

後ろのJMSの箱には、シュラフ、マット、カメラバッグ、着替えを入れたバッグ、ランタンやコンロ等のキャンプセット、レインスーツ、登山ストックなどを入れており、入らない物はリュックに入れて背負っています。

USBとシガライターの電源を付けているので、スマホやナビの充電が出来ます。
万が一バッテリーが上がっても、キックがあるので安心です。

池にはなぜかチョウザメが泳いでいます。
resize1927.jpg

遊歩道を歩いてみましょう。
resize1928.jpg

今日は増水のため、ボートは運休のようです。
s-2015_0728_181829AC.jpg

resize1929.jpg

高千穂峡の後はどうしようかと考えましたが、今夜泊まるえびの高原キャンプ場まで170㎞あるので、向かうことにしました。

ずっと山道なので、なかなか遠いです。
30km/h平均で走れたとしても、6時間近くかかる計算です。

今日もお昼ご飯抜きかと思ったら、椎葉村に平家本陣という物産センターがありました。
resize1930.jpg

ここでお蕎麦をいただきました。

国道388号線を走り、錦町に入りました。

道の駅錦でトイレ休憩していると、バイカーのおじさんが声を掛けて来てくれました。
カブに乗っていたら良く声をかけられます。庶民的なところが良いのかな?。

キャンプ場近くにスーパーやコンビニはないので、えびののセブンイレブンで明日の登山の昼食までの食材を買って行きます。
食材とは言っても、おにぎりとラーメンだけです。

5時半、キャンプ場に到着。
resize1931.jpg
<RICOH WG-4>

テントを設営して温泉に行きます。

温泉まで徒歩10分くらいですが、鹿が普通にいます。
この辺の鹿は逃げないのですね。
「鹿に餌をあげないで下さい」の看板がありました。

夜は簡単にインスタントラーメンで終わり。
まともな食事が恋しくなって来ました。

明日に備えて就寝です。
resize1932.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

夜トイレに行ったら、ミヤマクワガタが歩いてました。
resize1933.jpg
<iPhone 6>

九州ツーリング◆初日 2015.7.28 [スーパーカブ]

一年の中で一番仕事が暇な時期です。
今年はお休みをもらって、九州に行く事にしました。

2時45分、自宅を出発。
八幡浜港から6時20発の別府行きフェリーに乗ります。
resize1905.jpg
<RICOH WG-4>

別府港到着後、ロイヤルホストでモーニング。
前回九州へ来た時もここに寄りました。
resize1906.jpg

その後、稲積水中鍾乳洞に向かいます。

そこまでの景色がなんともいい!。
resize1907.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

12時、鍾乳洞到着です。
resize1908.jpg

鍾乳洞より先に気になったのがロマン座。
resize1909.jpg

入ってみると良き時代の昭和。
resize1912.jpg

コーワのケロちゃん。なんでも鑑定団での鑑定額は¥145,000!。
resize1913.jpg

映画のポスターや蓄音機。
resize1910.jpg

懐かしいようだけれど、自分たちの親の世代かな。
resize1911.jpg

一旦出て、鍾乳洞に突撃です。
resize1914.jpg

ここは水中鍾乳洞と言う事で、通路の下を水が流れています。
resize1915.jpg

二手に分かれていて、結構長い洞窟です。
resize1916.jpg

洞窟の中は涼しいです。
resize1917.jpg
<FUJIFILM X-T10 + DA12-24mm>

良くある鍾乳石。
resize1918.jpg

2時間ほど楽しんで、コースの順番を間違えている事に気がついた。
先にやまなみハイウエイに行くべきだった>_<。
今から行くのは逆戻りになるので、明日予定していた天安河原(あまのやすがわら)に行く事にしました。

道中で食事をしようとナビをセット。
高千穂方面に走りますが、山道なので商店はおろか、自動販売機を見つけるのも大変な道;^_^A。

現地に着いたら4:20になっていました。

お腹が空いたのを通り越したので、ソフトクリームを食べたあと天安河原へ。
resize1919.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

なかなか良いところです。
s-2015_0728_164556AA.jpg

この橋の上はパワースポットだとか。
s-2015_0728_164912AA.jpg

もう少し歩くと鳥居が見えて来ました。

すごい。霊気が漂っています。
s-2015_0728_171522AA.jpg
<FUJIFILM X-T10 + DA12-24mm>

積み上げられた石の間を歩き参拝。

他にも観光客がいたので良かったですが、1人だとちょっと怖いような場所です。
s-2015_0728_171034AB.jpg

写真を撮っていたら6時半になっていました。
四季見原すこやかの森キャンプ場へ急ぎます。

キャンプ場をナビにセット。
車がやっと通れるほどの狭い山道に入る。
かなり走ってこれは違うやろうと思った頃、通行止めの柵がf^_^;。

どうやら一般的でない道を選択したみたいです。

いやあ参った。
日没は避けられないので、高千穂市街で食事と入浴を先に済ませる事にしました。

温泉で運良くキャンプ場の載っている地図があったので、地図に従ってカブを走らせます。
ここから11㎞あります。

これまた凄い山道ですが、ところどころ看板があるので間違いないみたい。

霧が深くなってきてとにかく怖い{(-_-)}。

いきなり猪が飛び出してきて、危うくぶつかるところでした。

野ウサギが走ります。

そして霧の中、周りを鹿が走ります。
それも10頭くらい。
メリーゴーランドみたいです。

こんなところでパンクでもしたらどうしよう(T_T)とか考えながら9時半にキャンプ場に到着。

こんなに怖い思いをするなら、そこらへんの空き地にテント張るんだったよT_T。

このキャンプ場は少し高めの2200円。
さっさとテントを張って就寝です。


烏帽子山(徳島県三好市)登山 2015.7.26 [登山]

resize1892.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XC16-50mmII>

祝・梅雨明け(*^o^*)。

今年は肘痛、腰痛でテニスがあまり出来ないせいもあって、山登りの回数が増えています。

本日は四国百名山制覇目指して58座目。徳島県の烏帽子山です。

登山口の落合峠。
本当に素敵な峠だと思います。

こちらは矢筈山方面。
resize1869.jpg

これの反対側が烏帽子山・寒峰方面の登山口です。

台風の影響か飛ばされそうな突風です。
吹き飛ばされそうな状況で出発の記念撮影。
resize1870.jpg

今日はシロウちゃん、そして徳島県から美女2人が参加です。

8:35登山開始です。

まずは目の前に見える落禿山に向かいます。
景色はご覧の通り最高です(*^^*)。
resize1872.jpg

寒峰方面に。
resize1873.jpg

風が強いので涼しいです。
resize1874.jpg

目指す烏帽子山。
形ですぐに分かります。
resize1875.jpg

振り返れば矢筈山。
resize1876.jpg

落禿山までは爽快な登山です。
resize1877.jpg

9:10落禿山に到着。
360°のパノラマです。
resize1878.jpg

小休止の後、前烏帽子山に向かいます。
resize1879.jpg

ここからしばらく道が分かりにくいので、赤テープを探しながら歩きます。

9:27鎖場に到着。

慎重に下ります。
resize1880.jpg

ここを過ぎると明瞭な道となります。

下ったら登ります。
開けたところから前烏帽子山と烏帽子山が見えます。
resize1881.jpg

10:10前烏帽子山に到着。
resize1882.jpg

ここからもパノラマの素晴らしい景色が楽しめます。

寒峰方面。
resize1902.jpg

では烏帽子山目指して出発です。
resize1883.jpg

遠くに瀬戸内海も見えます。
resize1884.jpg

烏帽子山が近づいて来ました。
resize1886.jpg

ノリウツギと飛行機雲。
resize1885.jpg

テンニンソウ畑を下ります。
resize1887.jpg

ここで香川の30歳台くらいの男性に会います。おそらく本日の登山者は我々と2組だと思われます。

彼は、周回コースは最後の登りがキツそうなのでピストンだそうです。
我々は周回の予定ですので、ちょっと不安になります(;・∀・)。

鞍部に来ました。真上に烏帽子山です。
ここから急登となります。
resize1888.jpg

ここからの道がすごい。

背丈ほどある熊笹を漕いで登ります。
体に枝が引っかかって進みません。
resize1889.jpg

やっとの思いで11:20、烏帽子山(1669m)登頂です。

強風と藪漕ぎのせいで髪がすごい事になっています(^▽^;)。
resize1890.jpg

前烏帽子山の奥には、三嶺・西熊山・天狗塚・牛の背が見えます。
resize1904.jpg

楽しいお弁当タイムの後、帰路をどうするか話し合います。

「同じ道は面白くないから周回コースにしましょう」。
育実さんの一声で厳しいコースを選択です。

この道がアドベンチャーコースになっている事は誰も知りません。

12:00烏帽子山出発。
resize1893.jpg

ここから林の中を下りますが、緩やかで快適な下りです。
resize1894.jpg

鹿の食害か、笹が少なくなります。
このあたりは道が分かりにくいので、赤テープを探しながら下ります。
resize1902.jpg

途中ロープがある急坂を2つクリアすれば、沢の音が聞こえて来ます。

ここからは沢伝いの道となります。
resize1895.jpg

涼しくてこのコースを選んで良かったと思った時・・・。

橋が崩壊しています(@_@;)。
resize1897.jpg

いやあ、困りました。
しかし、4人とも引き返すという選択肢はないようです。

突破します。

先頭のシロウちゃんが滑り落ちました(>_<)。

育実さんがおしりをキャッチ!。
resize1896.jpg

育実さんもその後滑落しそうになるも、何とか踏ん張ります。

私は最後に渡りましたが、橋を吊っていたワイヤーが山側に残っており、これを持ってクリアしました。
もしここを渡られる方がいらっしゃるなら、この方法が一番良いかと思います。

何とか今日中に帰れそうな安堵感の後、すぐさま第二ステージが。
resize1898.jpg

Vの字に折れ曲がった橋。

橋自体は大丈夫そうなので、ハシゴのように伝い歩きです。

ここもクリア。

登山道そのものはすごく良いので、何とか整備して欲しいです。
resize1899.jpg

その後沢を何度か渡りますが、道が分かりにくいので赤テープの確認が必要です。
resize1900.jpg

あとはダラダラ登って行きます。
思っていたような急登ではありませんでした。

林道に出ました。
resize1901.jpg

この後、すぐ上に登山道のような遊歩道がありますが、すごい事になっていますので車道を歩いた方が良いです。大変でした(笑)。

15.52、無事落合峠に着きました。

resize1903.jpg


結構厳しい登山となりましたが、変化に富んだ玄人好みの面白い山でした。

ぜひ周回コースをお勧めしたいところですが、橋の老朽化や台風による崩壊のため大変危険です。
と言うか、修復しないなら通行止めにするべきです。

沢沿いの登山道はすごく良いので、なんとか直してもらいたいです。

皆様、お疲れ様でした(*^^)v。

鏡川みどりの広場でチニング 2015.7.23 [その他]

resize1864.jpg

鏡川みどりの広場です。

20日の夜、友人に誘われてここへウナギ釣りに来ました。

ウナギは釣れませんでしたが、1人が40㎝オーバーのチヌを釣りました。
餌は鮎の切身でした。
resize1865.jpg

いやあ、こんなところに大きなチヌがいるのですねえ。
ビックリでした。


リベンジに行きたいなと思っていたら、雨が上がりました。
娘を迎えに行くついでに寄ってみましょう(^。^)。

今日は手軽にルアー釣りにしてみます。
ルアーでチヌを狙う事をチニングと言うそうです。

本日のタックルです。

10年前にリッチの日替わり特価で買った1980円のシーバスロッドに、物置で眠っているボロいリール。

ルアーは持っていないので、つりぐの岡林さんで購入しました。

釣具は、つりぐの岡林で!。

◯◯さん、宣伝しておきましたので*\(^o^)/*。

買ったルアーはコレ。
知識がないので「チヌ用」と書いてあるのを選びました。
resize1868.jpg

水面を攻めるトップウォータータイプです。

ちなみにルアーで魚を釣り上げた経験はありませんので、参考にしないで下さいね。

午後6時、釣り開始です。
持ち時間は50分。
resize1867.jpg

雨上がりなので流れが速いですね。

ウォーキングのオバちゃんが「釣れゆうかね?ここは太いがが泳ぎゆうぞね」とエール。

天神橋の方に移動しながらキャストするも、なかなか姿が見えません。

開始から40分。
迎えの時間が近づいた頃にガツンとヒット!。

釣れたのは40㎝オーバーのシーバス。
resize1866.jpg

おおっd(^_^o)。

本命じゃなかったですが、何とかブログのネタにはなった感じです。

いやぁ、初めてのルアーフィッシングでしたが、なかなか面白いですねえ(*^o^*)。

もう1個ルアーを買いたいと思います。

つりぐの岡林さんのサイトはこちら

clefな休日 2015.7.20 [音楽]

自宅から歩いて3分のところに、clefと言うライブハウスが出来ています。

今日はじゅんいちさんが「Ossan」と言うユニットで出ると言うので、応援がてら行ってみる事にしました。

場所は天王ニュータウン、サンプラザ新鮮館敷地内にあります。
元ランヤコフレですね。
resize1863.jpg

ドリンク券を手にして狭い店内に入ると、既にたくさんのお客さんです。

小物やCD、写真集なども販売しているようです。

「Ossan」って、もうちょっと何か名前ないの?。
とか思ってましたが、他の出演者も若いですし、お客さんも若い。
自分もその場で見ているとだんだん父兄参観の気分になって来たので、ストレートな名前、分からないでもないなぁf^_^;)。

その父兄の為にRomikoさんが席を空けてくれました。
お気遣いありがとうございます(^-^)。

さて、Ossanの出番となりました。
resize1859.jpg

演奏が始まりました。
ジャズギターのデュオです。
resize1860.jpg

マサヤングさん。安定したさすがの演奏!。
resize1862.jpg

フルアコの柔らかい音が良いですね。

じゅんいちさん。
いつになく硬い表情ですが、演奏は問題なく素晴らしいです。
resize1861.jpg

20分程のステージでしたが、なかなかいいですねえ。
ずっと聴いていたい心地よさでした。

それにしても、じゅんいちさん汗びっしょり。

特に暑くもなかったので、緊張していたんでしょうね(^_^;)。

まあ、相方が今までと違うので仕方がないかな。

でも演奏は素晴らしかったですよ。

次回も楽しみにしています。
お疲れ様でした(^^)/~~~。

じゅんいちさんの相方、ギター講師マサヤングさんのサイトはこちらです。


大野ヶ原ハイキング 2015.7.18 [登山]

台風一過で、週末久しぶりの青空です。

四国百名山制覇目指して57座目は、四国カルスト台地の大野ヶ原です。

登山としては物足りない山ではありますが、ツーリング兼ねて行ってみましょう(・ω・)ノ。


天狗高原から行ってみます。

幹線林道は通行止めですので、旧道を使います。
カブ号なので問題なくスイスイです。
やっぱり天狗は涼しいです(^^)/~~~。

ハンカイソウが見頃になっています。
resize1830.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

五段高原を走ります。
何度来ても素晴らしい景色です。
resize1831.jpg

姫鶴平(めづるだいら)を過ぎてしばらく行くと分岐が。
これを左に曲がります。
resize1832.jpg

北側の景色。
resize1833.jpg

カルスト大師登山口から登山開始です。
resize1834.jpg

今日は登山の準備はしていません。
デニムで登ります。

柵の横を歩きます。
resize1835.jpg

牛がいますよ。
resize1846.jpg

分岐がありますが、柵に沿って真っすぐです。
resize1836.jpg

振り返れば絶景が。
resize1845.jpg

シコクフウロ?。
resize1843.jpg

源氏ヶ駄場(げんじがだば)に到着。
resize1837.jpg

このあたりもハンカイソウが多いです。
resize1838.jpg

resize1844.jpg

車両が入れないように柵がありますが、左に登山道があります。
resize1839.jpg

間もなく山頂です。
resize1840.jpg

20分弱で着きました(^_^;)。

三角点は大空海山幸福寺の右側にあります。
正式な名前は薊野峰みたいです。
resize1841.jpg

南側の展望。
resize1842.jpg

今日は下山して駐車場でおにぎりタイム。

時間もあるので近くを散策してみます。


お店があります。
しぼりたて牛乳飲むべきでした。
resize1847.jpg

ポニー牧場の看板が。
resize1857.jpg

100円です。
入ってみましょう(^-^)。
resize1848.jpg

いい感じです。
resize1849.jpg

可愛い!!!。
resize1850.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XC50-230mm>

放し飼いのウサギもいます。
resize1851.jpg

のんびりヤギさん。
resize1852.jpg

いらっしゃい。
resize1855.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

おばちゃんが草を持って来ました。
resize1853.jpg

ムシャムシャ。
resize1854.jpg

いやあ、いいところですねえ。
家族でキャンプに来たらいいかも。
resize1856.jpg

帰りは仁淀川町の方から帰りました。

カブ号燃費65.5km/L。

resize1858.jpg

オクトス・アルパインテント 2015.7.16 [登山]

キャンプ用とツーリング用のテントは持っているけれど、登山用のテントは持っていませんでした。
理由は高いから。

高い理由は悪天候に耐えるタフさと、コンパクトにする技術料だろうか?。

とりあえず必要に迫られたので買う事にしました。

ブランドにこだわりはないので、出来るだけ安くて評判の良い物を探します。

そういったコスパの高いマイナーな商品を探す事自体が、私の趣味かもしれません(笑)。

買ったのは、オクトス・アルパインテント。
3万円を切ります。



私はこれのアンダーグランドシート・コンプレッションバッグ10L付にしました。

円安となり値段も少し上がりましたが、多少改良もされているようです。


まずは大きさです。

ノースイーグルのツーリング用テントと比較してみます。

resize1826.jpg

どうです。
左がノースイーグルのツーリング用、右がオクトスの登山用です。

って、あまり変わらないですね;^_^A。

結論!。
あまり変わらない。




イヤ、チョットマッテヾヾヾ(▼o▼)(▼o▼)ノ”ノ”ノ”チョットマッテオニイサン!!

まあ、設置した状態の大きさがほぼ同じなので当然と言えば当然。

それよりも重量。
ツーリング用約3.6Kgに対して、登山用は半分以下の約1.6Kgなんです。
水2L分違いますから大きいですよ。


出してみます。

いつもぶっつけ本番で焦るので、部屋で設営してみる事にします。

手順は割合しますが、今のテントはすぐに設営出来ます。

じゃ~ん!。
黄緑色のテントです。
resize1828.jpg

ここまで15分。
慣れれば10分かからないでしょう。

実際はこれからペグを打つので、もう少し時間がかかります。

反対側。
エントツのような通気口があります。
resize1829.jpg

中に入って天井です。
resize1827.jpg

週末に使う予定なので楽しみです(*^-^*)。


重量こそ登山用のようにはいきませんが、ノースイーグルNE165の良さも再発見しました。



こちらも値上がりしちゃいましたね。

登山に使わないならノースイーグルがお勧めです。

蜑の里・やいか 2015.7.15 [写真・カメラ]

今日は縫製工場に用事があるので、朝からカブ号で出かけます。
向かったのは中土佐町。

久礼から上ノ加江方面に入り、上ノ加江郵便局を右折します。

resize1822.jpg
<FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm>

台風前の青空です。
resize1821.jpg

着いたところは矢井賀。

バス停です。
resize1812.jpg

上ノ加江までは何度か来ましたが、矢井賀は初めてです。

工場見学と名刺交換を済ませると、帰り際に工場のオバちゃんが矢井賀のパンフレットをくれました。
resize1824.jpg

矢井賀PR用のパンフレットです。

せっかくなので、少し見学して帰りましょう。

矢井賀小学校方面に進みます。
resize1811.jpg

resize1815.jpg

小道へ入ってみます。
resize1820.jpg

レトロな漁協と郵便局があります。
resize1810.jpg

細い路地へ入ってみます。
resize1814.jpg

井戸があったりします。
resize1813.jpg

松尾神社。
苔の参道です。
resize1818.jpg

バクチの木。
resize1819.jpg

皮がはがれて丸裸にされるという意味からついた名前だそうです。

矢井賀小学校(休校中)に到着。
resize1816.jpg

日曜日にはカフェや居酒屋をして、校舎を有効活用しているそうです。

resize1823.jpg

メジカ、イセエビ、貝のピザもあるそうで、コレはぜひ食べに来たい!。

学校の前から散歩道へ行ってみましたが、雨のせいで道がドロドロだったので引き返して来ました。
resize1817.jpg

ここは、えなりかずきさんも歩いたとか...。

ここ矢井賀地区。
釣りでもする人じゃないとなかなか来ない場所だと思います。

ホントの~んびりしたところですので、今度はゆっくりモーニングとピザを食べに来たいと思います(^-^)。


蓮池公園で夜明け 2015.7.12 [写真・カメラ]

今年は梅雨らしい梅雨ですね。

登山の予定でしたが降水確率が高くなったので中止。
雨が降り出す前に蓮池公園にでも行ってみますか...。

日の出前に着きました。
何か面白い写真でも撮れるかなと思いましたが、ただ暗いだけです(^_^;)。
resize1797.jpg
<PENTAX K-5IIs + DA12-24mm>

山はガスってますね。
resize1798.jpg
<PENTAX K-5IIs + TAMRON A001>

だんだん明るくなって来ました。

相変わらずマクロ写真が多くなって、面白みに欠けますが。
resize1805.jpg

時間的にか、まだ咲いていない花が多いです。
resize1806.jpg
<PENTAX K-5IIs + TAMRON 272E>

綺麗なアジアイトトンボ♂です。
resize1808.jpg

こちらはメス。
そう言えば、シオカラトンボもオスが青くてメスがオレンジ色でしたね。
resize1807.jpg

明るくなって来ました。
resize1803.jpg
<PENTAX K-5IIs + Planar 50mm F1.4>

ここは蜜蜂が多いのです。
resize1799.jpg
<PENTAX K-5IIs + TAMRON 272E>

マクロばかりですみません。
resize1802.jpg
<PENTAX K-5IIs + Planar 50mm F1.4>

resize1801.jpg
<PENTAX K-5IIs + TAMRON A001>

resize1804.jpg
<PENTAX K-5IIs + Planar 50mm F1.4>

resize1800.jpg
<PENTAX K-5IIs + TAMRON 272E>

今日は写真部の同級生(私は帰宅部)にパッタリ会って、しばらく話し込んでいました。
写真クラブのメンバーと一緒のようでした。

またどこかでお会いしましょう(*^^)v。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。